アクセス解析とWebサイト

Posted by Someone on March 10, 2008  •  Comments (0)  • 

PR

    アクセス解析でアクセスアップ

    Webサイトの中で、御社の一番見てもらいたいページへのアクセス数が少なかったらそんな事にならないためにも、Webサイト内の閲覧者のページ移動状況を分析し、より効果的なナビゲーションの配置と、サイト構成を構築するための有益な情報を、アクセス解析は提供します。

    Webサイトを運営したからには、より多くの方にWebサイトを閲覧してもらうため、Webサイト管理者(または、外注)はインターネット広告以外に、SEO(検索エンジン最適化)についても、試行錯誤を行う事でしょう。アクセス解析は、貴サイトの特化したキーワードをはじめ、様々なSEOに関するヒントを提供してくれる事でしょう。

    アクセス解析ツール選びは、この「ビジネスの速度」と大いに関係があるのだ。アクセス解析ツールは、次の3つの方式に分類できる。どの方式を選ぶかが、まず最初の分かれ道となる。

    アクセス解析とは「ブログへのアクセス数」や、「どのような検索単語で訪れたのか」、「どのサイトから訪れたのか」などを統計情報として見ることができるツールです。アクセス解析を利用することで、「自分のブログの人気記事」や、「検索エンジンにおいてどのようなキーワードで自分のブログが上位表示されるのか」など、すぐに知ることができます。このような訪問者の動向や情報を分析し、現状のブログの問題点を改善していくことで、より充実したブログの作成に役立ち、アクセスアップにもつながります。

    要するに、インターネットにおいてブラウザで情報をやり取りする際に普遍的にやり取りされている情報である。これらの情報はアクセス解析の有無に関わらずサーバーそのものには常に送信されているが、通常そのようなアクセス情報のログを見る事が出来るのはサーバーの管理者だけであり、サーバーのスペースの一部を借りているに過ぎないホームページの管理者やブログの管理者のレベルでは見る事が出来ない。

    そのため、それらの人は独自にアクセス解析の仕組みを組み込み、情報を読み取って自分も見る事が出来るようにするのである。

    サーバーログ型 じっくり型。ビジネスの速度がこの中では一番遅いタイプ。ウェブサーバーに残るアクセスログを一定期間ごとにダウンロードしてきて手元で解析ツールを使って処理する方法。

    ウェブビーコン型 htmlに各社から支給されたスクリプトを埋め込み、解析サーバーに発信する。これを多くの場合ASPで提供される管理画面を使ってモニターしていく。ほぼリアルタイム。ASPサーバーのパフォーマンスによる。

    パケットキャプチャリング型 これがもっともリアルタイム。自社のデータセンターに専用のサーバーを置き、すべてのhttp通信のパケットをキャプチャして、リアルタイムで解析していく。

    アクセス解析とはWebサイト(ホームページ)を閲覧する訪問者数の集計を始め、1訪問者あたりのWebページ閲覧状況や、ページ別のアクセス数、検索キーワード、訪問者の閲覧環境等の集計を行うといったWebサイト閲覧状態のリサーチ作業の事を指す。

    インターネットを介した広告は印刷媒体や放送媒体と比べ、費用的にみて比較的低価格にて出稿する事が可能ですが、投資を行う以上、効果測定を行うことは重要です。印刷媒体や、放送媒体と比べ、インターネット広告のリサーチは、アクセス解析を利用(応用)する事で簡単にリサーチする事が可能です。